HOME>オススメ情報>オーダーメイドの靴を依頼する時に大事な事

オーダーメイドで自分だけの靴を作りましょう

ほとんどの人は靴を購入する時に市販の靴を買いますが、オーダーメイドの靴であれば自分に合った靴を作ることができます。

靴をオーダーメイドで作る時に気を付けること

自分の思うように作れるのか?

自分がどのような靴が欲しいのかをきちんと伝えること

朝夕に合ったサイズにすること

一般的に朝と夕方では足のサイズが変わるので考慮をすること

デザインよりもフィット感を重視

オーダーメイドなのでデザインを重視さがちだが、フィット感の方が大切。

アフターケアをしてくれるか?

オーダーメイドの靴は馴染むまでのアフターケアが大切です。

相談に対するレスポンス

オーダーメイドの靴の相談に対して、レスポンスが早いかどうかが大切。

自分に合った物が作れる利点

靴

オーダーメイドで靴を作成するのは、万人に憧れがあります。最近では市販の物でもかなり、柔軟な靴が登場してきているのですが、オーダーメイドで作成された靴に比べると、履き心地や歩き心地が断然に違ってきます。この靴を作成するには、やはりある程度の日数と費用がかかってきます。靴を履く人の足型をとり、それに見合った物を作成していきます。セミオーダーであれある程度の型があり、そこからの調整になります。フルオーダーになると足型からの作成になります。

日数と費用がポイント

靴

オーダーメイドの靴の作成には、ある程度の日数と費用がかかってきます。最初の見積もりの段階で、どれくらいになるのかを試算してもらってから作成に入ります。最終値段が変わってくる場合があるので、そこも考えておき、いつの出来上がりになるのかもよく把握しておきます。数週間でできるのか、2.3か月かかるのかも重要です。どの場面ではくのかも考えておいてから、作成に移っていくべきです。今後長く履く事が出来る靴なので慎重に決めていきます。

デザイン性も必要

ヒール

オーダーメイドの靴は、履き心地で選んでしまいがちですが、デザインや流行も取り入れることでより履く楽しみが増えてきます。業務的なフォルムにするのではなくて、遊び心のあるデザインを入れることも大事です。今後のメンテナンスに邪魔にならない程度の遊びも必要です

広告募集中